体を変える必須条件167時間の使い方

ジムに通っているのになかなか体が変わらない。
メニューを組み立ててしっかりやってるのにいまいち変化がない。
パーソナルトレーニングを受けてるわりに変化が乏しい。

こんな悩みを持っている人は多いんじゃないでしょうか。

その原因は、見落としがちな時間の盲点にあります。

体を変えるには

運動・栄養・休養

基本的にこの3つが大切です。
これはスタイルアップやダイエットだけじゃなく、健康の増進や維持管理でも同じです。
この3つは、もはや説明するまでもない当たり前のことです。

スタイルアップやダイエットなどの体型の変化を期待するからだづくりにおいては、この当たり前のことを当たり前にできていればそうそう悩むことはないと思います。

運動が足りないなら運動強度や頻度を上げる。
栄養が足りないなら摂取量を増やす、多いなら減らす、栄養バランスを考える。
休養が足りないなら睡眠時間を増やす、休みやすい環境づくりをする、ボディケアやメンテナンスを取り入れる。

そんな知識はいまや検索すればいくらでも出てくるし、わからないなら専門家に相談すればだいたいのことは知ることが可能です。

 

じゃあなぜ体が変わらないのか?

答えは単純です。

それができてないからです。
運動ができてないのか栄養ができてないのか休養ができてないのか、その2つか全部か。
それだけのことです。

なんだそんなことか。
知りたいのはそんなんじゃない。
なにかいい方法を知りたいんだよ。

こんなふうに思ったかもしれません。

では仮にその方法を知ったとして、それを行動に移すでしょうか?
それを続けるでしょうか?

私も今までにいくつかの方法をブログやSNSで伝えてきてますよ。
運動方法も、栄養も、ケアも。
それが直接的な方法じゃなく間接的な方法だとしても、結局は直接的な方法につながることです。

それを見たことがある人。
何回やりましたか?

見たことがない人。
それを知ったとして、やりますか?
やるとしても何回何日やりますか?

きっとやってないですよね。
やらないですよね。
すぐにやめちゃいますよね。

だから言うんです。

答えは単純です。
それができてないからです。
運動ができてないのか栄養ができてないのか休養ができてないのか、その2つか全部か。
それだけのことです。

 

…ってこんな話を聞くとやっぱりちょっとしんどいですよね^^;
わかります。

自分ではわかってるけどできないんですよね。
やらないとな~なんて思いつつ、明日でいいか~なんて思ってしまう。
そんな気持ちもよくわかります。
私自身もこんなことを発信しながら、なんでも継続できるわけじゃないです。全然完璧じゃないです。

続けるって本当に難しいもんです。
「習慣化」なんて簡単に言うけど、それができるなら苦労しませんよね。

ただひとつ、気づいてほしいことがあるんです。

 

1時間する人167時間しない人

ジムやスポーツクラブでの1時間の運動。
パーソナルトレーニングでの1時間の運動。

どちらも内容や強度の話は置いといて、それを週に1回やるとします。
そうすると、週に1時間の運動になりますね。
だいたい週に1~2回、1時間~2時間程度を目安としてる方が多いのでは?

24時間×7日=168時間
一週間は168時間あります。

そのうちの1時間運動したら、残りは167時間。

極端な話、168時間のうち167時間は運動はしてないわけです。

1:167
どちらをより大切に使った方がいいか。

言うまでもないですね。

いくら内容の充実した1時間の運動をしたとしても、168時間のうちの1時間、たったの1時間です。
残りの167時間をどう使うかの方がはるかに比重が大きいことは一目瞭然。

運動メニューはどうすればいい?
話題のエクササイズは?

そんなところばかりに注目しがちですが、それよりももっと大事な167時間があることにに気づいてください。

 

24時間の管理者

1日は24時間。
誰にでも平等です。

ではその24時間を管理しているのは誰でしょうか?

自分自身ですね。

会社勤めで就業時間が決まっていても、バイトの時間が決まっていても、その仕事を選んだのは自分です。
誰でも24時間、自分が管理しているんです。

週に1回のトレーニングをパーソナルトレーナーに依頼しメニュー作成やサポートをしてもらったとしても、168時間のうちの1時間。
次のトレーニングまでの167時間を管理するのは自分自身です。

その167時間をいかに過ごすか

ここに体が変わるか変わらないかの分かれ道があります。

 

トレーニング終了後はゴールデンタイムに素早くプロテインを補給し、帰宅後はしっかりと適切な食事をする。
お風呂に浸かりボディケアをし、しっかりと体を休めるために早めの就寝。

ここまではやる人が多いですが、問題はその後。

翌朝からは仕事のことや家事や子供のこと、親のこと、パートナーのこと。
時間に追われ、あれこれ忙しくやってるうちに自分のことは後回し。
こまめなたんぱく質補給も水分補給も忘れ、食事はぱっと済ませるファストフードやインスタント。

あるいは遅くまで飲み歩き、栄養や休養のことなんか忘れてしまい翌日は二日酔い。

トレーニングの1時間より多い時間をこんな過ごし方をして
なかなか体が変わらない

変らなくて当然ですよね。

 

自分しか自分を変えることはできない

いくら優秀なトレーナーでも、他人を変えることはできません。

仮に友達がどこかのジムに通い体が変わったとしても、それはその人自身が変わったからです。

あくまでトレーナーはサポートする役割です。
その人を24時間監視し、常にこうしろああしろと言ってくれるわけではありません。

これをこんなふうに食べて、こんなことをやってください。
と助言・提案はできても、それをするかしないかは本人次第。

はい、わかりました!やります!
と返事だけはよくても、実際にしてないと変わるものも変わりません。

そしてそんなことは優秀なトレーナーならお見通しです。

中には「そこまで管理するのがプロのトレーナーだ」と言う人もいますが、それは違うと思います。

それではただのコントロールです。
監視し、制限し、半ば強制的にさせれば変化はするでしょう。
しかしそれをずっと続けられるのでしょうか?

そうではないですね。
ボディメイクは一時だけ変わればいいものではありません。

そう考えると、自分で理解し行動できることを少しづつでもやっていけるようにならないと、本当に変わったことにはならないんです。

自分を変えることができるのは自分しかいないんです。

 

まとめ

ダイエットグッズにしろ流行りのダイエット食品にしろ同じ。
数回やっては食べては、それで終わり。
それで変わることなんてあり得ないですよね。

勉強だってそうです。
学んだことを帰ってから何度も復習するから理解が深まる。
復習して理解するから、次回にステップアップできる。

からだづくりも一歩一歩の積み重ね。

せっかく質のいいトレーニングをしても、それを帳消しにするような生活をしていたのでは半歩どころか足踏みがいいところ。

トレーナーがいるなら、そのトレーナーに167時間の使い方を聞けばいいんです。
そしてその通りにやってみること。

そうしない限り、変化はありませんよ。

せっかく貴重な時間を使ってトレーニングするんだから、それを無駄にはしないでください。

あなたを変えられるのはあなただけです。

これを読んで「そうか!」と思われたなら、まずはなにかひとつからはじめてください。

この記事がからだづくりのヒントになりますように。

 

スタジオグループレッスン体験

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県高砂市にあるボディメイクスタジオ「からだすてき塾」代表 過剰なストレスから、極度の脱毛症を経験。 後にカッコいい体コンテストで好成績を収め、ダイエットやボディメイクとストレスが密接な関係があることに気づく。 流行りやノリで行うダイエットではなく、10年20年先まで体も心も健康で美しくカッコよく生きていける体づくりをお伝えしています。 【好き】犬(ラブラドール)珈琲、スイーツ、白米、久保田利伸、ジュンスカ、布袋寅泰、夏、ハワイ