【リバウンドしない体の作り方】食事制限なし糖質制限なし食事量を増やして体重が増えても筋トレとケアでカッコよく美しくダイエットする方法

食事制限
糖質制限

ダイエットを成功させる条件は?
と聞かれたら、必ずこの2つを連想するんじゃないでしょうか。

そして、

辛い
しんどい
我慢
ストレス

こんなイメージが強いんじゃないでしょうか。

こんな方法でやるダイエット・ボディメイクは間違いです。

 

こんな方法でやってます

食事制限なし
糖質制限なし
食事量増量
食事回数増
高たんぱく質食
米をしっかり食べる
体重は気にしない
筋肉をゆるめるリンパケア

ダイエット・ボディメイクのイメージとは違ったことだらけですね。

だけど、成功します。
そして、リバウンドしません。
というより、
こんな方法だから成功するしリバウンドしないんです。

 

こんなふうに変わります

実際のビフォーアフター写真です。

約4ヶ月、回数にして約30回での変化です。

 

女性の例です。

こちらは約2ヶ月での変化です。

 

もう一度言いますが、

食事制限、糖質制限してません。
食べる量は増えています。
食事回数も増えています。
米をしっかり食べています。

その上での結果です。

 

だいたい逆なんです

私のダイエット・ボディメイク指導は、世の中のダイエットに対するイメージとはほぼ真逆です。

それについて、天邪鬼だとか目立ちたいだけなどと思ってもらって結構ですが、そうではありません。

そのほうが結果が出るからそうしてるだけです。

もっと言えば、そうすることがリバウンドしない体を作り、健康的にダイエット・スタイルアップすることが可能だからです。

 

いつも思うことがあります。

一時だけ体を変えて何の意味があるのか?
その一時のためにストレスと負担をかけて何の意味があるのか?

痩せはしたけど老けた。ハリがない。全体的に劣化した。
体重は減ったけど、ただ細くなっただけでメリハリがない。
変わったけれど、すぐにリバウンドした。

こんな経験ないですか?
いろんなダイエットがあるけど、そのほとんどがそうじゃないでしょうか?

ほんの一瞬のために我慢して辛抱してストレスかけてすぐリバウンド。
そこに何の意味があるんでしょうか?

そこに意味なんていらない。一瞬でも変わりたいんだ。

と思うならそれはそれでいいと思います。
自分がそうしたいならするのは自由ですから。

アスリートやコンペティターやモデルの方なら試合や撮影のために一時集中して絞る、というのは理解できますが、世の中のほとんどの人はそうではないですよね。

 

食事制限・糖質制限は必要か

まず知っておいてもらいたいことですが、

ドカ食いはいけません。
いつでも食べ放題ではありません。
なんでもかんでも好きなだけ食べていいではありません。

これを食事制限・糖質制限というのかもしれませんが、そこまでやってしまう時点で通常の範囲を超えてますので制限云々の話ではないですよね。

行うのは制限ではなく改善です。

制限によってどうにかしようとするから、無理がたたって挫折したりリバウンドしてしまうんですよ。

 

人間は思いのほか、自分に対して制限をかけまくっています。

どうせ無理だろう、ダメだろう。
これくらいが限界だ。
本当はやりたいけど嫌われるからやっちゃいけない。
やりたくないけど周りに合わせないといけない。

ダイエットだけじゃなく、生き方にも制限をかけまくってるんです。

本当はもっとできることがあるのに、才能があるのに、もっと楽しめることがあるのに、もっとうまくいくのに、制限によってブレーキをかけてしまってるんです。

生き方でも制限したことには必ずリバウンドがあります。

我慢が爆発したり、取り返しのつかないことになってしまったりするのもリバウンドですね。

 

制限も改善も考え方の違いだけだろうと思うかもしれませんが、そこの違いが大きな違いなんですよ。

似てるようで全く違う考え方です。
まずはそこから変えていくことが必要です。

いきなりじゃなくていいんです。
やっていく中で、少しづつ自分で体感していくうちに考えが変わってきます。

 

食事量と回数を増やす

痩せない綺麗にならない変わらない、という人は食べなさ過ぎが原因のひとつです。

もちろん食べ過ぎの人もいますよ。
だけど大抵は食べなさすぎが原因。

自分では食べてるつもりが全然足りてない、ということが多々あるんです。
そんな人に食べてもらうようにすると割とすぐに変化が出てきます。

まず、食べることの恐怖をなくすことです。

ダイエットしたい人は、食べることへの怖さがあります。
食べたら太る。
食べたから太った。
食べたからいけないんだ。
食べてはダメだ。

過去の経験やトラウマから、食べることに恐怖心や罪悪感を感じてしまう。

恐れていては前には進めません。
まずはしっかりと食べることが大切です。

 

食べる量と回数の増やし方ですが
朝昼晩の3食に加えて、間食を摂るようにします。

ゆで卵1個でも
おにぎり1つでも
プロテインドリンク1杯でも
それで1食です。

朝と昼の間に1食。
昼と晩の間に1食。
トレーニングをした日は直後に1食。
こんな感じでトータル最低5食は摂るようにします。

これには量を増やす意味と、分割して栄養摂取する意味があります。

一気にドカ食いすると、消費されない分は蓄積されてしまいます。
そうならないように分けて食べるという意味もあるので、回数が必要になってくるんです。

仕事的にそんなことできない、というのはただの言い訳。
携帯性に優れ、1分もかからず腹に入れることができるものは沢山あります。

そんな努力とも言えない努力もなしに体を変えようというのでは、変わるものも変わりませんよ。

 

高たんぱく質食

筋肉をつくるのにたんぱく質は必須です。
これは基本中の基本です。

たんぱく質も食事と同様に、回数を分けて毎食まんべんなく摂れるようにしたいもの。

食事だけでは必要量が補えきれない。
食事だけで補うには胃腸に負担がかかる、食べ過ぎになってしまう。

そんな時に利用したいのがプロテインパウダー。

昔は溶けにくくてまずくて飲むことが修行のようなものもあったけど、今はまずいものを探す方が難しいくらい。
溶けやすくダマにならずに美味しく飲めるものがいっぱい出ています。

プロテインパウダーの良いところは、コスト的に安いこと。
意外かもしれませんが、安い肉でも同量のたんぱく質を摂ろうとすると高くつきます。

手軽に素早く摂取できるプロテインドリンクを上手に活用しない手はありません。

ただし、基本は食事(固形物)ですよ!

 

米はしっかりと

米は最高のダイエットフードです。

米は炭水化物なので、ダイエットのイメージ的にはよく思わないでしょう。

だけど太る原因は米ではありません。
違うところにあります。
米よりもパンやパスタのほうが断然太りやすいです。

米で太るなら、昔の日本人は肥満だらけだったはず。
今よりも米をたくさん食べてましたからね。
だから主食というんです。

朝からしっかりと米を食べましょう。
少し減らすとすれば晩ですね。

玄米の方がいいという意見もありますが、体に合うならいいと思います。

玄米によって便通が良くなり過ぎたりする人もいるので無理はしないように。

 

体重は気にしない

体重は気にしなくていい。
計らなくてもいいです。
なんなら体重計捨ててください。

とにかくみんな体重を気にし過ぎです!
体重なんて全然気にする必要ない。
ただの数字でしかないです。

もちろん中身があってこそだけど、要は見た目でしょう。
見た目を変えたいんですよね。

体重と見た目は関係ないですよ。

実際にこれだけ見た目が変わっても、体重は7㎏も増えてます。

ちょっと信じられないかもしれないけど、これが事実なんです。

体重を選びますか?
見た目を選びますか?

 

筋肉をゆるめるリンパケア

トレーニング、つまり筋トレは楽ではないです。

日常生活ではかけない負荷を筋肉にかけ筋肉を破壊し、栄養を摂り体を休めることで、前より少し太く大きく筋肉が回復していくことで、筋肉は成長していきます。
この繰り返しによって、筋肉が変わり体が変わっていきます。

そこで取り入れるのが筋肉をゆるめるケア、さとう式リンパケアです。

さとう式リンパケアを行うことで、筋肉がゆるみ体液循環がよくなり、栄養が筋肉にスムーズに行きわたり、筋肉の回復を促し、なおかつ筋肉痛が起こりにくく、コリや痛みやむくみもとれ、疲労回復するという良いことづくめなケアです。

 

一般的に筋トレ後に行うのが、ストレッチやマッサージ。
さとう式リンパケアはそのどちらでもありません。

揉まない押さない引っ張らない

マッサージせず指圧せず叩かずストレッチもせずに筋肉をほぐしていきます。
それらをしないからこそ筋肉がほぐれます。

これを筋肉をゆるめると言いますが、やったことがない人にとっては、ストレッチもマッサージもせずに筋肉がほぐれるなんてにわかに信じがたいと思います。

パーソナルトレーナーである私にとって、このさとう式リンパケアは大きな武器でもあります。
ちなみに、私はさとう式リンパケアインストラクターでもあります。

 

まとめ

中には食事制限、糖質制限が必要な人もいます。
命にかかわるほど、入院治療が必要なほどの肥満はどうしても制限が必要になってきます。
その他、病気の治療としての制限もあります。

それ以外においては、制限というものは必要ではないと私は考えます。

制限ではなく改善です。

食事制限なし
糖質制限なし
食事量増量
食事回数増
高たんぱく質食
米をしっかり食べる
体重は気にしない
筋肉をゆるめるリンパケア

簡単なようで少し難しいかもしれません。
ただ、食べない我慢より簡単じゃないでしょうか。

 

実際、制限すれば写真よりももっと変化はあったでしょう。

しかしそんな変化をさせて一体誰が得をするでしょうか?

もちろんクライアントではないですね。
制限して急激に変えた体は100%リバウンドするんですから。
そこに残るのは疲れた体と心だけです。

こんなに痩せさせました!
ほら見てください!
と店側が喜ぶだけです。
自分を変えたいと悩む人を、ぬか喜びさせ不健康にさせもっと悩ませるんですから。

CMのような短期間で衝撃的な変化がなくても、私は本当にいいものしか提供しません。
それが双方にとって良いことに繋がると思っています。

 

ダイエットやボディメイクについて、あなたが思っていることとは逆のことだらけだったと思います。

常識と思っていることが常識ではないことがあるということです。

 

今回の記事、あなたのダイエット・ボディメイクにおいて参考になったでしょうか?

からだすてき塾のパーソナルトレーニングには、体験コースも御座いますのでご利用ください。

体験コース詳細
料金:60分6,000円(税別)
支払:当日現金にてお支払いください
予約:ご希望日時をお知らせください
服装:動きやすければどんな服装でもOK
持ち物:室内専用シューズ、タオル、飲み物

 

LINEでも情報配信してます

友だち追加

9月末まで

スタジオグループレッスン体験

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県高砂市にあるボディメイクスタジオ「からだすてき塾」代表 過剰なストレスから、極度の脱毛症を経験。 後にカッコいい体コンテストで好成績を収め、ダイエットやボディメイクとストレスが密接な関係があることに気づく。 流行りやノリで行うダイエットではなく、10年20年先まで体も心も健康で美しくカッコよく生きていける体づくりをお伝えしています。 【好き】犬(ラブラドール)珈琲、スイーツ、白米、久保田利伸、ジュンスカ、布袋寅泰、夏、ハワイ