神輿の上には乗るな、担ぐな、だんじり野郎にはなるな!

先生と呼ばれる立場の人。
その他には、講師、教官、上司。
とにかく、人の上に立つ立場の人や、そんな場面が少しでもある人。
そしてそれを取り巻く人々。
取り巻かずとも、そこに属する人に至るまで。

生きていくうえで必ずこんな経験をすることがあります。
そんな時にあなたならどうするか。
どの立ち位置につくか。
付くか離れるか。

誰でも、どの立ち位置にもなりうる可能性があるので、自分に置き換え考えながら読んでほしい。

神輿の上に担がれる人

神輿の上に担がれる人と言えば、もちろんサブちゃんですね。

もはや神輿のレベルではない

サブちゃんはいいんです。
スターですから、別格ですからいいんです。
この人は神輿の上が定位置なくらい凄い人だからいいんです。

問題はサブちゃんではなく一般人です。
一般人と言っても、業界では有名な先生や講師や師範とかそんな立場の人です。

◯◯協会の代表、◯◯の先生など、その業界ではそこそこ有名な人。
有名じゃなくても細かいところでは、習い事の先生、会社の上司、教官、先輩、そして町内会(笑)

そんな人が神輿の上に乗ってしまうんですよ。

べつに乗るなとは言わないし乗ってもいいんですよ。
乗ってもいいんだけど乗り方なんですよ。
乗るならちゃんと担ぎ手を見ておかないといけない。

そして面倒臭いのが神輿の担ぎ手。
これがまたたち・・が悪い。
ずる賢くて計算高い。

という話をします。

 

先生といい子ちゃん

先生とかそういうふうに呼ばれる立場になると、良くも悪くも自分は先生なんだ、となります。
(上司、先輩、師範などすべて)

それでもみんなと対等な立ち位置でいく人や、フレンドリーな人や、先生として気を引き締めていく人がいる中で、先生という優越感に陶酔してしまう調子の悪い人がたまにいます。

するとそこに、いい子ちゃんが現れます。

このいい子ちゃんは、とにかく先生を持ち上げます。
先生の好き嫌いをいち早く読み取り、御機嫌をとり、上手を言い、可愛がられようとします。

神輿で言うと、先生のすぐ真下辺りを陣取って担ぎます。
(ちなみに、先生の真下から遠くなるほど立場的には下になります)

すると調子の悪い先生は、気分を良くしていい子ちゃんを優遇します。

するとそれを眺めている取り巻きもそれを察知し、
いい子ちゃんのトップはあの人だから逆らっちゃダメだ。逆らうと嫌われる。
と、今度はこのいい子ちゃんトップの御機嫌を伺うようになります。

いい子ちゃんにも2番手3番手がいて、隙あらばトップの座を狙っています。

だけどそこはそんな素振りは見せず、トップには友好的な態度で、自分はあなたより下ですよと尻尾を振ります。

 

先生御乱心

ここでさらに調子の悪い先生になると、神輿の上で踊り飛び跳ねだします。

いい子ちゃん達に持ち上げられすぎて羞恥心が無くなってしまった先生は、世間の目などわからなくなり奇行に走り出すことが多々あります。

これはだんじり。まるでだんじりの上の人のように自分に陶酔し縦横無尽に飛び跳ねる。

こうなったら下で担ぐ者も必死。
肩にぐいぐい重荷がかかる。

それでも嫌われたくないから笑顔で持ち上げる。
先生!凄い!カッコいい!
先生は上機嫌です。

しかし、もっと先生の機嫌を良くするのが上手なスーパーいい子ちゃんが現れることがあります。

こうなったらまずいのが1号。
そんな先生だから、さっきまでの担ぎ手をひょいと変えてしまうなんて平気です。
どこかの国の委員長みたいなもんです。

1号は降格です。

すると、今まで1号にペコペコしていた2号3号とその下の者達の無言の圧力で、元1号は村八分になります。

こうして元2号は1号になり、なにかの拍子にまた政権交代…こんなループを繰り返すわけです。

大なり小なりあなたの周りにもあるでしょう?
こんな集まりが。
もしかしたらあなたもその中心に居ちゃったりしてませんか?

 

だんじり野郎

そもそも神輿の上に担がれる先生に問題があります。

本当に人間のできた先生なら神輿の上には乗らないし、そんな所に乗らなくてもみんなから尊敬され慕われるものです。

つまり神輿の上に乗ってしまう先生、ついつい担がれてしまう先生というのは先生の器ではないし、人として小さいんです。
人として小さいから、大きく見せようとして神輿の上で踊り飛び跳ねだしてしまうんです。

私はこういう先生を、だんじり野郎と呼んでいます
(決してだんじりをディスってはいませんよ!神輿もだんじりも祭りも日本の伝統。素晴らしいです!)

しかしだんじり野郎は器の小さな人間なので仕方ありません。

たちが悪いのは先生の側近、1号2号3号です。

この者達ほど根性が腐った性格の悪い人間はいません。
ニコニコしていてもニコニコの裏側が見え見え。
目が全然笑ってない。
目の奥では目の前の人を踏み台にして上に登ろうとほくそ・・・笑む姿が見えます。

優しそうに聞こえる言葉を使い、当たり障りのない誰からも好かれそうな言い回しでいい人イメージを植え付けます。
2号3号とその取り巻きとも仲良くしつつも、それぞれが蹴落とし合いです。

そしてここでも小さな神輿ができる場合があるわけです。

 

一番の被害者

こうして出来上がって行く協会やグループ。
その姿は無様で滑稽です。

一番迷惑するのは神輿を眺めている人達。
そこに属してはいるものの、神輿を担がず眺めている人達です。

駒を取り進めたジェンガのように、今にも崩れそうな神輿とその上で踊り飛び跳ねる教祖(笑)

いつこうなってもおかしくない。

もう危なっかしくて見てられないどころか、そこに居ることに意味を感じられなくなり、ひとりふたりと消えていきます。

始めはその組織の掲げる理念や素晴らしいメソッドに惹かれそこに入ったわけですが、外から見ていたのとは違い、一旦中に入ってみたらぐずぐずのどろどろ。
ここは本当に日本かと思うほどの組織図。
もちろんそこを選んだのは本人。
そんなことはわかっている責任感のある人ですから、誰のせいにもせず静かに去っていきます。

 

まとめ

今まで、こんな組織をいくつも見てきました。

私自身がそんなところに居たこともあったし、私の妻もそんな経験をしています。

幸い、私が今属しているところや学んでいるところの先生は、神輿の上で踊り飛び跳ねるだんじり野郎ではありません。
人として素晴らしく、心から尊敬できる先生です。

そして私自身も先生と呼ばれる立場でもあります。
自分では偉いとは思っていませんし先生とは読んでほしくないのですが、そう呼んでくださる方がいるかぎりその人にとっては先生です。

決して神輿の上には乗ることなく、だんじり野郎にはならず、みんなと同じ立ち位置対等な立場で、共に学び歩んでいくことが私の目指す理想の形です。

基本、1号2号3号が存在しにくい環境づくりをしていますし(笑)共感してくださる方々は本当に素敵な方ばかりなので私は本当に恵まれているなぁと感謝しています。

どうかあなたも、だんじり野郎、1号2号3号、その取り巻きにはお気をつけください。
お祭り騒ぎは長くは続きませんよ(笑)

 

スタジオグループレッスン体験

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県高砂市にあるボディメイクスタジオ「からだすてき塾」代表 過剰なストレスから、極度の脱毛症を経験。 後にカッコいい体コンテストで好成績を収め、ダイエットやボディメイクとストレスが密接な関係があることに気づく。 流行りやノリで行うダイエットではなく、10年20年先まで体も心も健康で美しくカッコよく生きていける体づくりをお伝えしています。 【好き】犬(ラブラドール)珈琲、スイーツ、白米、久保田利伸、ジュンスカ、布袋寅泰、夏、ハワイ