ダイエットのための犠牲

ダイエットのためなら

ダイエットのためなら

ダイエットのためなら死んでもいい!
ダイエットをしている人を見ていると、こんなふうに考えているんじゃないかと思うことがあります。

「健康のためなら死んでもいい!」というなかやまきんに君のネタがありますが、まさにそれと同じ。

健康を犠牲にしてもいいから
スリムになりたい
痩せたい
そんなふうに感じざるを得ません。

 

「炭水化物抜き」が一番危ない

ダイエットする人が二言目には言う言葉。
炭水化物抜き
糖質制限

これさえすればどうにかなるという思い込み。

目先の結果しか求めない人、危険だろうが関係なしにそれを勧めて利益を得ようとする企業、栄養学やエビデンスだのそれしか信じない机の上の勉強しかできない間抜けな指導者。

この記事は極端な例かもしれませんが、実際に起こり得ることです。

日本人にとって最高のダイエット食は日本食です。
その中でも米は最高です。米ほど日本人にあったダイエットフードはありません。
旬のものを食べましょう。
食べたい物があれば我慢せず食べましょう。
美味しくありがたくいただきましょう。
食べ過ぎたら控えればいいんです。帳尻合わせをしましょう。

ダイエットを難しく考えることはやめましょう。
ボディメイクはシンプルです。

専門家の警告、食事は「炭水化物抜き」が一番危ない(週刊現代)

「即効性がある」とブームが続く糖質制限ダイエット。だが今、その安全性に警鐘が鳴らされ始めた。その時、体の中で何が起こるのか。手遅れになる前に知っておきたい、超人気ダイエットの真実。

LINEでも情報配信してます

友だち追加

9月末まで

スタジオグループレッスン体験

ダイエットのためなら

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県高砂市にあるボディメイクスタジオ「からだすてき塾」代表 過剰なストレスから、極度の脱毛症を経験。 後にカッコいい体コンテストで好成績を収め、ダイエットやボディメイクとストレスが密接な関係があることに気づく。 流行りやノリで行うダイエットではなく、10年20年先まで体も心も健康で美しくカッコよく生きていける体づくりをお伝えしています。 【好き】犬(ラブラドール)珈琲、スイーツ、白米、久保田利伸、ジュンスカ、布袋寅泰、夏、ハワイ